社長メッセージ

皆様におかれましては、常日頃から当社の事業へのご理解とご支援を賜り、誠に有難うございます。

当社は、公共交通機関の乗換案内を一般コンシューマ向けにご提供することを中心とする事業構造からの転換、特に、月額課金以外の様々な収益モデルの開拓に努めてまいりました。今後も、乗換案内のコモディティ化が進むことを前提に、更なる成長のための重点領域を設定し、積極投資を展開してまいります。

〔重点領域①〕
 中長期的な社会構造・社会インフラの変化を視野に入れた、次世代の移動サポートに資する新システムの開発を行ってまいります。これまでの電車・バス・飛行機といった公共交通機関に加えて、パーソナルモビリティや次世代都市交通(ART)などの様々な移動手段が登場し、自動運転による移動サービスやシェアリングといった移動手段の利用形態も大きく変化しつつあります。当社はそのような市場の変化に対応し、皆様の期待応えるべく、検索システムの革新を行ってまいります。

〔重点領域②〕
 法人向け事業の拡大に向けて、従来の枠組みを超える取り組みを行ってまいります。昨今の法人の IT投資においては、ERPをはじめとする生産性向上・効率化に向けた分野が安定的に成長を続けています。これまで当社は、交通費精算の機能をワークフロー等のシステムベンダーに提供してまいりましたが、今後は、当社のノウハウを活用した法人向け製品の開発に注力してまいります。また、平成29年11月に、従業員の業務出張に関わる申請・手配・精算・管理の一連の業務の効率化とコスト削減のサービスを大企業顧客向けに提供している株式会社ビジネストラベルジャパンをグループに迎えることとなりました。これらの取り組みにより、既存顧客の深耕と同時に、新たな顧客層の開拓を行ってまいります。

これらの2つの領域において、当社の事業資産・強みを生かしつつ、商品開発・市場開拓・提携・ M&Aなどに資金・資源を集中し、長期的視点をもった積極的投資を行ってまいります。

当社のサービスにつき、これからも変らぬご愛顧をいただき、さらに今後の当社の進化・成長をご期待いただきたく、よろしくお願い申し上げます。


株式会社 駅探
代表取締役社長
中村 太郎